ともの24時間365日

トップページ > ともの24時間365日

「こんな声にお応えして、ともの事業は始まりました。」

生活は24時間365日続いており、途切れ目はありません。24時間365日の支援が提供できなくては生活を支えることはできません。 ずっと続く生活に寄り添って支えていきたいのです。

∗ 画像の吹き出しをクリックすると回答をご覧になれます。

ともの24時間

Q1 Q1 介護が必要な家族がいるのに、急病で入院。障がいのある家族を預かってくれないかしら?
A 浦安市障がい者等一時ケアセンターは介護者の急病、葬儀参列などでの緊急対応を行っています。
 ≫詳しくは「浦安市障がい者等一時ケアセンター」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q2 Q2 要介護の認定を受けています。夕食をつくって、食事の介助をしてもらえますか?
A とものサービスは24 時間対応です。夕食作りも介助も、もちろんできます。
 ≫詳しくは「パーソナル・アシスタンス とも 生活支援事業所」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q3 Q3 高齢者の夫婦世帯です。私はお風呂に入る時に介助が必要ですが、やっぱりお風呂は夜に入りたいのです。 ヘルパーさん、来てくれますか?
A やっぱりお風呂は夜に入りたいですよね。ヘルパーが夜、介助に伺います。
 ≫詳しくは「パーソナル・アシスタンス とも 生活支援事業所」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q4 Q4 夜中失禁してしまった…。おむつが気持ち悪い、取り替えてほしい。
A 突然の失禁など夜間安心訪問ヘルプがオンコールで伺います。
 ≫詳しくは「パーソナル・アシスタンス とも 生活支援事業所」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q5 Q5 私は寝返りができない。深夜、夫が起こしてくれるが2人とも高齢者で夫のことも心配。 ヘルパーさんに家に来てもらって夫の代わりに体位交換してほしい。
A 夜間安心訪問ヘルサービスは定期訪問もあります。
 ≫詳しくは「パーソナル・アシスタンス とも 生活支援事業所」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q6 Q6 私は体が不自由です。朝、会社に行くにも着替えの手伝いが必要です。ヘルパーさんに、 朝家に来てほしいのですが。
A とものサービスは24時間対応です。朝早い時間もケアスタッフが伺います。
 ≫詳しくは「パーソナル・アシスタンス とも 生活支援事業所」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q7 Q7 夜中に転倒してしまい、ひとりでは起きられない!誰か起こしに来て!
A 夜間安心訪問ヘルプサービスは、障がい者や高齢者の「いざ」に対応し、ヘルパーが駆けつけます。
 ≫詳しくは「パーソナル・アシスタンス とも 生活支援事業所」をご覧ください。

∧Topへ戻る

ともの365日

Q8 Q8 幼稚園に行き始めたうちの子。でも、他の子とどこか違う。誰にも相談できなくて困っています。 
A 浦安市基幹相談支援センターにご相談ください。 お困りのことをどうしたらいいか、相談員と一緒に考えましょう。24時間対応しています。
 ≫詳しくは「相談事業」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q9 Q9 障がいがあるわが子。特別支援学級が良いのか、通常学級が良いのか。わが子の進路をどうすれば よいのかすごく悩んでいます。 
A 浦安市基幹相談支援センターにご相談ください。 お困りのことをどうしたらいいか、相談員と一緒に考えましょう。24時間対応しています。
 ≫詳しくは「相談事業」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q10 Q10 いよいよ高校卒業の時期。でも、わが子にあった進路が分からない。どうしたらいいでしょうか。 
A 浦安市基幹相談支援センター にご相談ください。お困りのことをどうしたらいいか、相談員と一緒に考えましょう。 24時間対応しています。
 ≫詳しくは「相談事業」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q11 Q11 親も年を取ってきた。自立をしなければならないと分かっているから、一人暮らしをしたいと思うけど、 不安も大きい。自分がそんなこと、できるかどうかも分からないし。 
A 浦安市基幹相談支援センターにご相談ください。お困りのことをどうしたらいいか、相談員と一緒に考えましょう。 24 時間対応しています。
 ≫詳しくは「相談事業」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q12 Q12 介護をしてくれている親が突然亡くなった。どうしよう。 
A 浦安市基幹相談支援センターにご相談ください。 お困りのことをどうしたらいいか、相談員と一緒に考えましょう。24 時間対応しています。
 ≫詳しくは「相談事業」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q13 Q13 友達と旅行に行きたい。そのためには、介助の人にも付いてきてほしい。そんなこと、可能ですか? 
A お友達との旅行、楽しみですね。パーソナルケアセンターにご相談ください。ケアスタッフが旅行に付き添うことができます。
 ≫詳しくは「パーソナル・アシスタンス とも 生活支援事業所」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q14 Q14 親が入院することになりました。でも、うちの子は障害があって、学校の登校に付き添わなくてはなりません。 親が入院している間、今までどおり学校に行く生活を続けることは無理なんでしょうか。 
A 無理ではありません。移動支援事業やパーソナルケアサービスなどで、とものケアスタッフが親御さんの代わりに学校までの付添をして、 いつもと同じように登校できるようサポートします。
 ≫詳しくは「パーソナル・アシスタンス とも 生活支援事業所」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q15 Q15 いつかお店で働きたい。接客の練習ができる場所がほしいのですが。 
A 駅前センターほっぷは、リサイクルショップと立ち飲み屋です。接客の練習には最適かもしれませんよ。
 ≫詳しくは「地域活動支援センター とも」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q16 Q16 うちの子は電車やバスに乗ってのお出かけが大好き。でも、パニックになったら心配。何より、本人が 親と一緒に外出したがらなくなっている。ヘルパーさんが一緒に外出してくれる制度があるって聞いたのだけど、どうやって利用するのですか?
A 楽しい外出ができるよう、とものケアスタッフが一緒に外出に付き添うことができますし、ケアルームを拠点にして外出することもできます。 パーソナルケアセンターにご相談ください。
 ≫詳しくは「パーソナル・アシスタンス とも 生活支援事業所」をご覧ください。

∧Topへ戻る

Q17 Q17 兄弟で参加できる療育は無いでしょうか?
A ともの療育事業には、兄弟で一緒に参加できるメニューもあります。お問い合わせください。
 ≫詳しくは「療育事業」をご覧ください。

∧Topへ戻る